FC2ブログ

「硫黄島からの手紙」に反戦映画としてのパワーあり

新作の「硫黄島からの手紙」を藤沢オデオン2番館で観てきました。他の映画に比べて年配者が多かったのが印象的でした。

大東亜戦争末期、硫黄島の司令官に任命された栗林中将(渡辺謙)は、勝ち目のない戦であることをわかっていながら、支援もない孤立状態にある島を守るべく作戦を展開します。そして、アメリカ軍はついに上陸してきます。日本軍の攻撃にアメリカ軍は多大な犠牲者を出しながらも、物量にものを言わせ、じりじりと日本軍を追い詰めていきます。弾も食料も尽き、ついに栗林自らが最後の突撃を決行するときが来るのです。

クリント・イーストウッド監督による日本軍から見た硫黄島決戦を描いたアメリカ映画です。ですが、登場人物はほとんどが日本人で、言葉も日本語でちょっと見は日本映画としか思えません。しかし、映画のスタッフのほとんどはアメリカ人クルーで日本人俳優を使ったアメリカ映画になっています。アメリカ側から、硫黄島決戦を描いた「父親たちの星条旗」と表裏一体を成す作りになっていまして、「父親たちの星条旗」で日本人がほとんど登場しなかったように、この映画ではアメリカ人はほんの少しだけしか出てきません。

映画は、栗林中将と西郷一等兵(二宮和也)を中心に進んでいきます。ドラマとしては西郷の一兵卒としての視点から描かれる部分がメインと言えます。いい加減、戦争がいやになっていて、早く妻と子供のいる日本へ帰ることに希望をつないでいるのですが、それでも戦争は待ったなしに彼の周囲を死で埋めていくのです。赤痢、爆撃、そしてアメリカ軍の進撃により、次々に仲間は殺されていきます。さらに、上官の命令により自決せざるを得ないところまで追い込まれ、そして、投降しようとすれば、日本軍から背中を撃たれてしまい、捕虜になってもその場で射殺されてしまう。どう転んでも死はあまりにも簡単にやってくる極限状況の中、西郷は正気のまま、周囲の死を見届けることになります。

誰が死んで、誰が生き残るのか、それは、本当に運でしかないというのが戦争の悲惨さの一つだと言えます。善も悪もなく、最前線で左右するものは、神のみぞ知る運でしかないという視点は、大変納得できるものがありました。しかし、なぜ集団自決してしまうのか、なぜ上官が部下を殺そうとするのかという心理的な部分を深く突っ込むことは避けています。

西郷の「生きて故郷に帰りたい」という視点だけを明確にして、後の日本軍人の行動に理由付けをしていません。これは、ある意味、賢明な演出と言えます。最後の一兵まで闘うというのなら、合理性があるけど、それ以前に自決してしまうという精神構造は、私には理解できませんし、多分映画の作り手にも理解できてないと思うからです。そこに突っ込まずに、生を否定する戦争という状況を淡々と描くということで、この映画は視点を明確にしています。

誰もたたえない、誰も呪わない、ただ、戦争という状況を否定的にとらえているのは見事だと思いました。人間の生きたいと思う自然な感情すら殺されてしまう戦争の怖ろしさを描いた点で、これは優れた反戦映画だと言えましょう。敵味方が殺しあう場面の方が安心して見ていられるほど、集団自決や脱走兵の射殺シーンが怖くて、戦争には戦闘行為以上に恐ろしい魔がいることに気付かされるのです。そして、それは、姉妹編である「父親たちの星条旗」と両方を並べることで、より鮮明になってきます。形は違えど、戦闘行為以外での戦争の怖ろしさを描いたという点で、「プライベート・ライアン」とは一線を画した映画になっています。

ただし、そうなると、元憲兵の清水のエピソードは妙なヒューマニズムの匂いがして、浮いてしまうことになりました。また、時間経過がわかりにくい、場所の距離感が不明など戦争映画としては、不備と思える点があるのですが、戦闘員のエピソードに徹した構成だと割り切って観れば、見応えが失われるものではないでしょう。ラスト近くで、この映画のテーマとも言うべき、命を落とした者たちに対する鎮魂の部分が語られるのですが、やはり戦争の怖さとその否定的な視点の方が印象に残ってしまいました。

スポンサーサイト



「レディ・イン・ザ・ウォーター」はマジですよ、これ

今年の新作で「レディ・イン・ザ・ウォーター」を川崎チネチッタ6で観ました。チネチッタは他のシネコンに比べると全般に音が落ち着いていて、こもり気味にならないところがお気に入りです。程よく鳴るサラウンドのバランスも他のシネコンより一歩優っているように思います。

フィラデルフィアのコーブ・アパート。その管理人クリーブランド(ポール・ジアマッティ)の前に、謎の美女ストーリー(ブライス・ダラス・ハワード)が現れます。彼女の言うには、彼女は水の精であり、そしてアパートの住人の中国人の老女の伝説を真に受けるならば、彼女には特殊な能力があり、彼女はある出会いのためにこの世に現れ、彼女の命を狙う邪悪な存在がいて、彼女を無事に故郷へと送り返すためには、その役目を持った人間たちの助けが必要なのだと。彼女のためにクリーブランドはアパート中を巻き込んで、彼女を無事に妖精の国に送り返そうと駆けずり回るのですが。

M・ナイト・シャマランという人は、「シックス・センス」で世間の評判を集めた後は、「アンブレイカブル」「サイン」「ヴィレッジ」とはっきり言って、やりたい放題の映画を作り続けてきました。不思議な雰囲気と意外性のある結末は、私は結構好きなんですが、作品を重ねることにその評判は芳しくないほうに傾いているようです。この作品も評判はあまりよくなかったんですが、それでも、独特の世界観は楽しめるかなあくらいの期待はありました。前作「ヴィレッジ」では、映画の仕掛けをドラマの脇に置いて、ヒロイン中心のドラマに仕上げていまして、今回は、仕掛けとドラマの比重がどっちにいってるのかってところにも興味がありました。

今回の設定は、水の精という、ファンタジーの素材をリアルな現代のアメリカに持ってきたということなんですが、驚くべきことに、水の精を何の仕掛けもなく現代アメリカにぶちこんできました。「ヴィレッジ」でさえ、謎の怪物と村の掟という仕掛けで観客を翻弄したシャマランでしたが、今回は何の仕掛けもなく、そのまんまファンタジー世界のルールを現代に持ち込んで、何の摩擦も起こさないドラマをあっけらかんと作り上げました。「そんなアホな」と突っぱねることも可能ではあるんですが、私は映画館の中では、この話に結構はまってしまい、クライマックス前では泣かされてしまったのです。別に場所や時間に関係なく、信じること、人を助けること、愛することのドラマは、うまく作れば人の心を打つものがあります。

この映画では、登場人物のキャラがきちんと描けていて、そこに共感できると、水の精に存在感がなくてもドラマに引きずりこまれてしまいます。伝説のルールで、ライター、職人、守護者、治癒者という役割があるなんてのを、大マジメにやるのは、この類のファンタジーノベルやRPGを知らない人にはしんどいかもしれませんし、水の精の名前がストーリーで、唯一の部外者が評論家(ボブ・バラバン)だというメタファーもピンと来ない人は多いでしょう。それでも、映像化しちゃうってところがやりたい放題だと思った次第です。その出来栄えの評価は後世の判断にゆだねるとしても、今の時点で、ここまでお客に媚びないで好き勝手やってるってのはある意味爽快とも言えましょう。

素直に見れば、ホントに泣けるお話でして、ポール・ジアマッティの熱演がなかなかにいいんですよ。まあ、細部に目をやると、脇役の扱いや、悪い怪物のルックスに難ありだとか、物語の設定を全部中国人のおばさんにゆだねているとか、変なところもありますから、映画としてのトータルのできはそこそこなのかなあ。後、ジェームズ・ニュートン・ハワードの音楽が控えめながら、完全にファンタジーな音を鳴らしていて、この映画の世界観を支えるのに大きく貢献しています。現代のアパートが舞台なので、鳴らしすぎては浮いちゃうし、現代的な音では物語の足を引っ張るというところを大変バランスよく音を割り振ったと思います。

以前、「サイン」を観た時、シャマランの映画を楽しむにはアソビ心が必要と書いたのですが、作品を重ねるに連れて、アソビ心は影をひそめているよう思えてきました。アソビ心と思っていた「とんでも」な部分が実はシャマランの本音だったのかなって気がしてきたのです。半分ウケ狙いでやってるのかと思っていたら「こいつ本気だぜ」って感じでしょうか。特に今回、本人が一番変な奴で登場するのを観て、エンタテイナーじゃなくて、変な人なんだなって思いを新たにしました。「変な」というのは、ファンタジーのダリオ・アルジェント、愛と希望のジョージ・A・ロメロという称号が似合うかな、というくらいの意味合いです。これで、娯楽映画としての手腕をあげていくと、おとぎの国のブライアン・デ・パルマくらいになるのではないのかな。ともあれ、彼の次の作品がまた楽しみになりました。ま、これが大コケしたら、次はないかもしれないけど。

「SBS 夜の映画劇場」の記憶

ちょっと昔の話です。私が小中学生の頃は深夜番組と言えば、11PMという定番を除けば、深夜映画と呼ばれる番組くらいしかありませんでした。当時、静岡には、SBSとテレビ静岡の2局の民放(ひょっとしてこれも死語か?)しかありませんでした。TBS系のSBSでは毎晩日曜日を除いて「夜の映画劇場」また、朝の10時頃から1時間20分枠の映画枠を持っていました。当時は、NET(現テレビ朝日)と日本テレビ、東京12チャンネル(現テレビ東京)はネットされていなかったため、この3局のゴールデンタイムで放映される映画番組が、「夜の映画劇場」でよく観ることができました。当時の土曜洋画劇場、日曜洋画劇場、火曜名画劇場、水曜ロードショー、木曜洋画劇場の枠で放映されたものが、静岡では、深夜映画として放送されていたことになります。

特に、NET系の枠が放送されるときは、淀川長治氏、増田貴光氏の解説付きだったりして、たまにしか観る機会はないものの、これはという映画のときは無理に夜更かしした記憶があります。

「夜の映画劇場」で観た映画で印象に残っているのは、「サンダーバード」のスタッフが作った特撮SF「決死圏SOS宇宙船」ですとか、あまりの怖さに一人震えて観たホラー「呪われたジェシカ」、仮面ライダーのような怪奇活劇「ドラゴンvs7人の吸血鬼」、何度観ても面白いサスペンスSFの傑作「アンドロメダ」といったものがあります。いわゆるゲテモノ系の映画が多いのですが、そういうのでもないと、眠くて、起きてる元気がないという事情もあります。イギリス映画の秘境怪獣もの「魔獣大陸」や、アミカスプロのホラーオムニバス「残酷の沼」「血のしたたる家」、シュールな色彩設計と奇抜なモンスターで見せる「巨大アメーバの惑星」なども、この枠で観た記憶があります。また、この枠では、劇場用でないテレビ用映画や、劇場未公開作品もやってまして、人形アニメによる恐竜が暴れる「魔の火山湖」、最後まで意味不明のZ級SF「地底からの侵略」など、こんな映画もあるんだという発見が「夜の映画劇場」にはありました。

まだ、DVDやビデオソフトもなく、ビデオに録画することもできない頃の話ですので、ここで観ておかないと後がないぞということもありました。今とテレビの見方はずいぶんと違っていたように思います。音楽がいいというと「トラトラトラ」や「猿の惑星」の音をラジカセに録音していたのもこの頃です。時代が変わって、レンタルビデオが普及しきってしまった今、映画番組は視聴率を稼ぐことは難しくなり、深夜番組もずいぶんと様変わりしました。たまに深夜映画と言っても、ほとんど明け方近い時間にまで追いやられ、ホントに誰が観るんだろうという感じになってしまいました。

当時は、地方では、民放が1、2局しかなく、こういった深夜枠に宝箱のような番組が放送されていたのではないかと思います。(まあ、ネット局以外のモノの寄せ集めなんですが)

ケレン味のない娯楽映画の佳品「アンノウン」

また新作の話です。川崎チネチッタ10で「アンノウン」を観てきました。チネチッタの中でもシネマ10は大きくもなく小さくもなく、いわゆる標準でこのくらいあるといいなあという感じの劇場です。

ある男(ジム・カヴィーゼル)が目を覚ますとどうやらそこは倉庫らしい、椅子に縛られた男、床に倒れている男、銃で撃たれた男がいるが、自分が誰だかすら思い出せない。奥のオフィスで電話が鳴り、とってみれば、相手はこちらが誰か知ってるらしく、仕事を終えて戻ってくるとのこと。一方、駅では誘拐犯の身代金受け渡しが行われていようとしていました。果たして、倉庫の中の男たちと、誘拐事件はどう関係しているのでしょうか。そして、倉庫の中で目を覚ました男たちは、全員、過去の記憶を失っていました。自分が誰でなぜここにいるのかが思い出せないのです。しかし、自分が誰かを思い出せるかどうかに命がかかっていることに彼らも気付き始めるのです。

倉庫の中で目を覚ました時、自分も含めた5人の男が記憶を失っており、しかも、その倉庫から出ることができない。このミステリアスな極限状況の中で、5人がそれぞれどういう行動をとるかというサスペンスものです。設定そのものは、最近のゲームならありがちとも思える設定なのですが、一本の映画として、面白く仕上げるのはなかなかに大変です。この映画では、並行して外の事件を描くことで、観客が置いてきぼりをくわないような工夫がされており、1時間25分という短い時間の中で、ムダなくきっちりとまとめています。サイモン・ブランドの演出は奇をてらわず、スあトレートにドラマを展開させることでテンポを出し、ラストも軽やかに決めたという印象です。主役の5人に、ジム・カヴィーゼル、グレッグ・キニア、ジェレミー・シスト、バリー・ペッパーにジョー・パントリアーノというサイコや犯人役経験者を揃えて、誰がまともなのかわからなくしているあたりもうまいものです。


この先は、結末に触れる部分がありますので、ご注意ください。


最初は、主人公が自分が誰かわからず、周囲を調べたり会話することで、自分が誰で自分のやろうとしていることがわかるというのは、アドベンチャーゲームでよくみるパターンです。まあ、ゲームのプレイヤーになるとこの設定はなかなか楽しめるのですが、映画の中でこれを面白く見せようとするには、それなりに観客に感情移入させる展開が必要になります。その点、この映画はかなり頑張っていまして、ジム・カヴィーゼルの過去がフラッシュバックされ、娘や奥さんが出てくるあたりで、この人はそんなに悪い人ではなさそうと思わせ、彼を中心にドラマを展開させることに成功しています。

また、5人の男たちが少しずつ自分の記憶を取り戻していくという設定もサスペンスを盛り上げるのに貢献してまして、5人のうち、3人が誘拐犯で、2人が誘拐された方だとわかってくると誰が敵なのか味方なのか疑心暗鬼にとらわれていくという過程もうまく描かれていきます。でも、そんな中でお互い誰かわからないうちは、誰かわからないこそ助け合おうということになっていくのは面白い展開だと思いました。単に三すくみになるんじゃなくて、もうすぐ誘拐犯が帰ってくるから、それまでに逃げよう、逃げられないなら応戦しようというのは、なかなか説得力ある対応だと思いますもん。少なくとも、自分も含めたお互いの正体がわからない限りは運命共同体なのですから、できるだけ協力して事態を打開しようということになるのは賢明な策ではあるんですが、少しずつ記憶が戻ってくるに連れて、みんなの足並みはそろわなくなります。でも、基本的に過去や欲望から切り離されると、人間はそれほど悪じゃないよなあって気分になる映画です。

一体、誰が誘拐犯で、誰が生き残るのか、本当の悪党は誰なのか、ラストまでなかなか予断を許さない展開を見せるのですが、最後の最後までを見せないオチが鮮やかな幕切れになりました。確かに仕掛け重視の映画ではあるのですが、ドラマの流れがストレートなので、映画としての満腹感を味わうことができます。変に気取らない、ケレン味のなさがいい方に出たという感じでしょうか。小品ながら、こういう映画を映画館で観たいよねと思える一品です。

面白くていいとこ突いてる「プラダを着た悪魔」

新作の話です。今回は、藤沢キネマ88で「プラダを着た悪魔」を観てきました。ここは、水出しコーヒーの販売をプッシュしてるんですが、これがなかなかにおいしいのです。260円という値段は安くはないのですが、コーヒーの味では、スタバやタリーズよりいけてるのではないかな。

ファッション雑誌ランウェイの敏腕編集長ミランダ(メリル・ストリープ)の第二アシスタントという職にありついたアンドレア(アン・ハサウェイ)ですが、公私の区別なくこき使われてもう大変。ジャーナリストを目指すアンドレアはそれでも頑張っていくのですが、仕事が軌道に乗ってくると、今度は恋人との仲がうまくいかなくなってきます。最初はチャラチャラしたファッションなんて否定的だったアンドレアがきれいに着飾って仕事に飛び回っているのを見て、恋人や友人たちは「あんた変わったわね」と言われてしまいますが、仕事に忙しいアンドレアは、それよりもミランダの無茶な注文をバリバリこなしていくのです。しかし、それでいいのか、アンドレア。

ファッション雑誌の編集長ミランダは、すんごいやり手なんだけど、すごぶる評判が悪くてアシスタントがいつかない。アシスタントと言ったって、ミランダのコーヒーやら、娘の送り迎えとか雑用ばっかし。でも、仕事に対する姿勢と能力はずば抜けているのです。こういう人の下で頑張れば勉強になることも多いだろうけど、ミランダは悪魔のごとくアンドレアをこき使うのです。そこで、アンドレアは頑張って、自分の仕事をこなしていくというと、女性版ビジネスサクセスストーリーになるのですが、この映画では、頑張って成功するという、いわゆるアメリカンドリームの話にならないのです。これは観ていて意外でした。

アンドレアがその仕事ぶりから、ミランダに認められるようになるのですが、そこでアンドレアはミランダに迎合しないのですよ。ミランダを認めながらも、自分はミランダと違う選択をしようと決心するのです。でも、ミランダは決して悪役として描かれているのではなく、長所も短所も併せ持つ人間的なキャラクターが与えられています。完全とは言えないミランダという女性をアンドレアがどう受け入れて、どう拒否するのかというところがドラマの見所となっています。

そして、最終的にアンドレアは自分で選択することになります。このあたりの展開のうまさは原作によるところが大きいのか、演出の賜物なのかはわからないのですが、ミランダを通して学んだことを否定しませんし、ミランダの偉大さも認めた上で、アンドレアが自分の選択をするところをきちんと見せるあたりが見事でした。ラストシーンのミランダの笑顔は、こういう映画の定番とはいえ、うれしい結末になっています。

テレビで有名というデヴィッド・フランケルは、登場人物の全てに嫌悪感を抱かせない丁寧なキャラ作りをして、ドラマのテーマを勝ち負けからうまくはずすことに成功しています。とはいえ、若いヒロインは、ジャーナリストとしての勉強もしてきた優秀で美しい、才色兼備の女性です。我々、凡人からすれば雲の上の人になっちゃうわけですが、その中に凡人も共感できる部分をちゃんと作っているのがうまいと思いました。会社のためでなく、家族のためでなく、自分のために選択をする、その潔さが、ミランダからアンドレアへ継承されていくというお話は、耳に心地よく痛いものがありました。「仕方がない」なんてことは普通の生活の中では存在しない、全て自分が選択しているのだって言われると、確かにそうだよなあって思いますもの。その昔、「デンジャラス・マインド」という学校モノのドラマでも、ミシェル・ファイファー扮する先生が同じようなことを言ってたのを思い出しました。こういうのが自己責任ということなんでしょうね、きっと。

演技陣では、主役のようで脇役のようなポジションのメリル・ストリープがいつもより軽いタッチの演技でドラマを弾ませています。単にコミカルにしちゃうと後半のアンドレアの葛藤が安っぽくなってしまうので、シリアスとコミカルのバランスをうまくとっているという感じでしょうか。アン・ハサウェイは何となく就職しちゃったオープニングから、大きく成長していくさまを魅力的に演じています。彼女の恋人役のエイドリアン・グレニアーが一歩間違えると悪役になってしまうところを善意の人として好演していたのが印象的でした。まあ、とはいえ、このカップル、この先いくつも山谷を越えなきゃならなそうですけどね。

プロフィール

einhorn2233

Author:einhorn2233
Yahooブログから引っ越してきました。静岡出身の横浜市民で映画とサントラのファンです。よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR