FC2ブログ

「バベル」を語ろうとすると「バベル」にはまる?

新作の「バベル」を静岡ピカデリ-2で観てきました。ここはもともと建てられた時は名画座だったのですが、だいぶ前にロードショー館に格上げになったところです。小さめの見下ろす感じのスクリーンは封切館仕様とは言い難い部分もあるのですが、その分、一番前でも快適な鑑賞ができます。

モロッコの山岳地帯、ツアーバスが狙撃され、アメリカ人女性スーザン(ケイト・ブランシェット)が負傷し、近所の村に運び込まれます。それは山羊飼いの兄弟のいさかいが起こしたライフルの一弾でした。そのライフルは日本人(役所広司)が現地ガイドにプレゼントしたものでした。その娘チエコ(菊池凛子)は聾唖の高校生で何やら秘密めいたところがあるのですが、それは誰にも伝えきれていません。スーザンの子供二人を預かっている乳母アメリア(アドリアナ・バラッサ)はメキシコにいる息子の結婚式に行く予定だったのですが代理のベビーシッターが見つからず子供二人を連れて結婚式に出席することになります。狙撃はテロと誤解され、スーザンはなかなか村から動けず、アメリアと子供二人は国境でのトラブルから砂漠地帯に取り残されてしまいます。一丁のライフルに関わる人間模様は誤解と孤独の中でなかなか光明を見出すことができないのでした。

オスカー6部門ノミネートされ、日本人の菊池凛子がその中に入っていたことで日本でも話題になったアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督の新作です。モロッコ、アメリカ、メキシコ、日本をまたに駆けて、4つのドラマが並行して描かれています。スーザンは夫リチャード(ブラッド・ピット)とうまくいっておらず、山羊飼いの兄弟はいがみあっていて、乳母アメリアは息子の結婚式なのに子守りから解放されず、チエコは何かフラストレーションを抱え込んでいて衝動的な行動でしか自分を表現することができません。

4つのドラマはみなコミュニケーションのとれないイライラした状況を抱え込んでいます。リチャードとスーザンは銃撃という極限状況の中でお互いの存在を再確認し、アメリアは国境で甥っ子が国境警備員と要らぬいざこざを起こしてしまうことから砂漠の中に置き去りにされてしまい、チエコは自分の存在を誇示するがごとく全裸で刑事を誘惑したりします。それらの出来事が「バベル」という言葉でくくられるのかどうかは微妙なところもあるのですが、言葉が伝わらないことによって起こる様々なトラブルをこの映画は描いていまして、その意味ではバベルに集約されるのかもしれません。

そして、伝わらない言葉を埋めるための行動が各々のトラブルにある種の決着をつけるのです。リチャードはスーザンにずっと付き添うことで言葉や感情を超越してしまいます。一方で山羊飼いの一家は事から逃げようとして失敗し、アメリアは砂漠の中で子供二人を置いて助けを呼ぶことで信頼を失ってしまいます。チエコは、初めて自分と正面から向き合ってくれた刑事に自分の心の中を打ち明けるのです。それぞれに思うように行かないこと、言葉で解決できないことが世の中にはいっぱいあるんだということを改めて思い知らされます。

その中で、ちょっと特異な印象なのが、日本パートのチエコのエピソードです。最初は聾唖というコミュニケーションのハンディキャップが彼女を苛立たせていたように見えるのですが、ラストで母親の死に関する彼女の心の傷が微かに見えてきます。しかし、それは言葉にならない世界のもので、他のエピソードのコミュニケーション不全とはレベルが違っているのです。正直なところ、彼女の心の傷のありようや癒されようがよくわからないまま、映画は終わってしまいました。これは自分の理解力が足りないのかとも思いましたが、少なくとも「バベル」のキーワードですくいきれない、こぼれてしまう部分ではあるようです。そういうこぼれてしまう部分にはもう少し言葉を尽くして欲しかったとも思ってしまいまして、映画もバベってるじゃないかと突っ込み入れたくなります。

この映画では伝わる言葉、伝わらない言葉が出てくるのですが、言葉で埋められない部分を補う行動の部分にも正と負があることをこの映画は見せます。モロッコ警察の有無を言わせぬ暴力、発砲はコミュニケーションそのものを封じてしまいます。国境でのやり取りでも言葉足らずの行動が悲劇を招くことになります。そんな中で、スーザンを救出に来るヘリのシーンはほっとさせるものがありました。言葉も行動もうまくまわらないことばかり続く映画の中で、ヘリがスーザンを運ぶシーンには思わず涙が出そうになりました。頑張ってもうまくいかないことばかりのこの映画の中で、唯一の救いのように思えたからです。

演技陣では、菊池凛子がオスカーにノミネートされただけのことがある存在感を示す他、どんな映画に出ても場面をさらうケイト・ブランシェットが素晴らしかったです。感情を体で表現するブラッド・ピットと寝たきり状態で五分に渡り合う演技力は見事だったと思います。

4つのエピソードには様々なドラマ、要素が描かれていて、少ない言葉では語りきれないものがあります。その語りきれないもどかしさこそが「バベル」の「バベル」たる所以なのかもしれません。

スポンサーサイト



プロフィール

einhorn2233

Author:einhorn2233
Yahooブログから引っ越してきました。静岡出身の横浜市民で映画とサントラのファンです。よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR