FC2ブログ

「かもめ食堂」で変な気分

2006年の映画「かもめ食堂」をシネマジャックで観てきました。「フラガール」と2本立てというのは、結構豪華な番組ではないかしら。

フィンランドのヘルシンキで、日本人のサチエ(小林聡美)がかもめ食堂が開店しました。でも、なかなかお客は来なくて、やっとやってきたのは日本かぶれの若者がコーヒー飲みに来ただけ。その彼の「ガッチャマンの歌」の質問から、旅行中のミドリ(片桐はいり)と知り合い、何となくミドリはサチエの店の手伝いをするようになります。ちょっとずつお客が入り始めた頃、旅行の荷物がなくなったというマサコ(もたいまさこ)が店に居ついてしまいます。ある時、店の泥棒が入ってるのを捕らえてみれば、以前、コーヒーの入れ方を伝授してくれた男でした。彼は、以前、そこで店を開いていて、置きっぱなしにしておいたコーヒーミルを取りにきたのでした。さて、なくなっていた荷物が見つかったマサコは、一度はかもめ食堂に別れを告げに来るのですが、なぜかやっぱりまた舞い戻ってきてしまうのでした。そして、ついにかもめ食堂が満席になる日がやってきます。

フィンランドで食堂を開く、メインメニューがおにぎりの日本食メニューで食堂を開く、何だかそれだけで現実離れしている設定です。小奇麗な店と整然としたキッチンはまるで女性雑誌から抜け出したようです。その中にちょこんと居るサチエの姿は、まるで子供のようにも見えます。そんな生活感のない空間でいくつかのエピソードが淡々と展開していくのです。まず、最初のお客が日本かぶれの青年なんですが、彼が友人がいないという設定なので、そこからお客がひろがるわけでなく、なぜかそこにいるという存在になります。旅行中に知り合ったミドリに対して、自分のところへ泊まらないかとさそうサチエのあっけらかんとした態度が不思議な安らぎを感じさせます。葛藤というものを全て排除してしまったようなサチエの姿にミドリも何だか心を癒されてるようなところがあります。何となく自分探しに適当に選んだ国がフィンランドだったというミドリもどこか悩みとかしがらみから切り離されているように見えます。

さらに旅行の途中で荷物をなくしたマサコは、さらに過去からすっぱりと切り離された存在として登場します。そして、3人が何のドラマも背負わない、純粋にそこに存在する人間というところで共通しているのが面白いと思いました。何の過去もない、ささやかな善意だけの3人が遠い異国の地で何をするのかと言えば、コーヒーを入れて、おにぎりを作り、シナモンロールを焼く。それが、観客の心にすこんと入ってくるってのが不思議な映画だと言えましょう。萩上直子の演出は、時間の感覚もできるだけ排して、事件とも呼べないエピソードをどこか冷めたような、でもコミカルにつないでいきます。フィンランドの観光案内的なところもなく、むしろ、無菌室のようなかもめ食堂の有様を暖かく見守る視点が感じられました。

日本人旅行者にとって、かもめ食堂は不思議な空間です。異国の地なのに居心地がよくてしがらみがなくて、善意で接してくれる人がいる。そんな場所が世界のどこかにあったらいいな、そんな気分にさせてくれる映画です。日本の中でも、自分と他人の間に大きな壁ができてるような気分に落ち込むことがあります。一方で、フィンランドという突拍子もない場所におだやかな居場所があるってのは一種のファンタジーなんですが、そのファンタジーを主演の3人が大変心地よく演じて見せてくれました。特にサチエを演じた小林聡美が強い女性のキャラの筈なのに、しなやかさだけで演じきったのが見事でした。

人が出会ったとき、お互いをすんなりと受け入れあうってのはなかなかできそうで難しいです。でも、異国の地でそういう出会いがあったら、意外とすんなりといっちゃうんじゃないのってところも面白いと思いました。でも、かもめ食堂っている枠の中では、日本と同じ空気なので、観客も誰かを受け入れあうことが簡単にできそうな気がしてくるのですよ。そういう変な気分にさせる映画でした。

食べ物のシーンは抑制が取れた見せ方を意識的にしているようで、ご飯の湯気とか、魚を焼く煙といったものを避けているようです。そうすることで、小奇麗なキッチンが女性雑誌のグラビアのままに描かれ、リアリティから一歩退いた独特の世界を作り出しているようです。

スポンサーサイト



プロフィール

einhorn2233

Author:einhorn2233
Yahooブログから引っ越してきました。静岡出身の横浜市民で映画とサントラのファンです。よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR