FC2ブログ

「ボラット」みたいな映画が数多くの映画祭で受賞してるってすごい(不思議)

今回は新作の「ボラット」を川崎チネチッタ5で観てきました。

カザフスタン国営放送のレポーターであるボラット(サシャ・バロン・コーエン)がアメリカの文化を学ぶという名目でプロデューサーのアザマート(ケン・デヴィティアン)がニューヨークにやってきます。早速、アメリカのジョークを学んで、その後は女性運動家を訪問し、アメリカを学びかけたところで、テレビの「ベイ・ウォッチ」のパメラ・アンダーソンに一目ぼれ。彼女の会うために一路カリフォルニアに向かいます。飛行機はユダヤ人のテロが怖いので、中古のアイスクリームトラックを買って出発。途中で、ゲイ・パレードと遭遇したり、ロデオ大会でアメリカ国家の替え歌歌ってヒンシュクを買ったり。さらには、マナーを教わったり、アザマートと喧嘩別れしたり、でも、聖書至上主義団体の集会で立ち直ったりしてるうちに、ついにパメラのサイン会にやってきます。パメラと結婚すべく強引にアタックするのですが、果たしてその結末は?

一応は、ボラットとカザフスタン人がアメリカを横断するドキュメンタリーという構成をとっていますが、ボラットは実在しないキャラクターで、ユダヤ系コメディアン、サシャ・バロン・コーエンが作り出したもので、テレビでまず有名になったそうで、その彼と共同原案・脚本を担当した映画版です。オープニングは、カザフスタンで自分や村の人々などを紹介するシーンから始まるんですが、これがもうムチャクチャでマジメなドキュメンタリーでないことは一目瞭然です。特にユダヤ人追い祭りというのがケッサクで、この後もユダヤ人差別ネタがあちこちに登場します。ネタがとにかく下品なのが何とも言えずにおかしいです。ニューヨークに着いてからも、トランプビルの前でウンコしてたり、マネキン見てオナニーしたりと、これって、風刺コメディになるのか? ただ、小汚いオヤジの下品ネタの羅列じゃねえの?って気がしてきました。

フェミニストたちへの取材で、徹底した男尊女卑を披露するので、お、ちょっと違う感じになってきます。まあ、基本は下品ネタなんですが、田舎者が都会に出てきて好き放題やるパターンの笑いになっているのです。その後、パメラ・アンダーソン会いたさの旅が始まるのですが、地方のニュースショーに出演するシーンもいわゆる田舎者ギャグをかますパターンです。ロデオ大会で、国家を歌う前にイラクをやっつけろ的なアジテーションをやってひんしゅくを買い、さらには、アメリカ国家をカザフスタンを讃える歌に替え歌してドひんしゅくを買います。ホテルに泊まれず、B&Bの宿をとったら、そこがユダヤ人老夫婦がやっていたことから、またひと騒ぎを起こし、マナー講習を受けた後、招待されたディナーの席に売春婦を呼びつけてしまいます。

まあ、とにかくバカな展開ばっかりで笑いをとってくれるのですが、そこに現代アメリカが見えてくるかというと、ボラットのキャラが強烈でそっちのおかしさしか見えてこないのです。唯一、金も相棒もなくして意気消沈したボラットがキリスト原理主義者の集会で癒されるところだけが、「うーん、こんなのにこれだけの人が集まるのだから、アメリカは広い」と思わせるものがありました。ラストのパメラ・アンダーソン拉致失敗なんてのは、その昔の電波少年あたりでやりそうなネタで、笑えるけど、そんだけみたいな話でした。

どうやらボラットの面白さは素人相手に色々と下品なネタをふっかけて、そのリアクションを見るところにあるようで、今回の映画では、そういう素人いじりの部分が少なかったのではないかと思いました。その分、ボラットが下品でバカなことを延々とやり続けるロードームービーという形に仕上がったのだと思います。それはそれで面白いし、結構好きなんですが、プログラムに書いてあるような、アメリカを風刺したコメディとはちょっと違うように思いました。たぶん、そういう要素はテレビ版の方にあるのではないかしら。まあ、ユダヤ人コメディアンがカザフスタン人を演じて、ユダヤ差別のジョークを連発するというおかしさはあるのですが、そこから見えてくるのは、アメリカって民族のるつぼなんだなあってことくらいです。ひょっとして、もっとヤバいことをやったりやられたりしてるんだけどカットしてるんじゃないかって気もしてきます。

撮影時は、カザフスタン国営放送のボラットという触れ込みで取材してったそうで、それって詐欺じゃんとも思うのですが、そこで相手の生のリアクションを楽しむ設定になっていたようです。ただ、そうなるとカメラクルーの存在がかなり気になったりします。ガス欠になったボラットが若者のキャンピングカーにヒッチハイクするところは、やっぱりヤラセなのかな、とかですね。まあ、もともとがフェイクドキュメンタリーなんですから、細かいことは言わぬが華なのでしょう。

ラストは、自分の村にボラットが、売春婦の彼女を連れて自分の村に帰ってきます。村のみんなをカメラに紹介してジ・エンド。まあ、他愛ない映画だと思って観たのですが、これが、アカデミー賞の脚色賞にノミネートされ、ゴールデングローブ賞の主演男優賞を受賞、作品賞にもノミネート。他のシカゴ、トロント、ロサンゼルスなどの映画祭でも主演男優賞を数多く受賞しているというのでビックリ。これ、そんなにすごい映画なのか、それともこんな映画に賞をバンバン出すアメリカがすごいのか。この映画祭での受賞の多さを加味してみると、この映画からアメリカが見えてくるのかもしれません。

スポンサーサイト



プロフィール

einhorn2233

Author:einhorn2233
Yahooブログから引っ越してきました。静岡出身の横浜市民で映画とサントラのファンです。よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR