FC2ブログ

「アイヒマンの後継者 ミルグラム博士の恐るべき告発」は今だからこそ多くの人が観るべき映画です、忘れちゃう前に。


今回は「アイヒマンの後継者 ミルグラム博士の恐るべき告発」を横浜のシネマベティで観てきました。椅子がよくなって、こぎれいになった感があるのですが、その分、混雑するようになったので、昔の閑散とした場内を知る身としてはしみじみ。でも、相変わらず若いお客さんはほとんで見ません。

ナチ戦犯のアイヒマンが逮捕され、裁判が始まった1961年、アメリカのイェール大学で心理学の実験が行われていました。2人の被験者は先生と学習者という役割を与えられます。二人は別の部屋に別れ、先生は英単語に関する質問を読み上げ、学習者はそれに答えます。答えを間違えると先生は学習者に電気ショックを与えます。答えを間違える度に電圧はアップされ、実験者が終わりを告げるまでそれを続けるというものです。学習者は答えを間違える度に強くなる電気ショックにうめき声をあげ、さらには「もうやめてくれ」と懇願し、最後には声すら上げなくなるのですが、実験者は実験をやめると言いません。そして、先生役の被験者のほとんどが最後まで電圧を上げて電気ショックを与え続けるという結果が得られました。実は、この実験の被験者は先生役のみで、学習者は電気ショックを受けておらず苦しむ芝居をしていたのです。要は、実験者の指示に従って、どこまで電気ショックを与え続けるかを調べる実験だったのです。その実験を行ったのは心理学者のミルグラム(ピーター・サースガート)でした。誰もが「最後まで電気ショックを与え続けることはない」と言っていたのですが、実験によって、その仮説は覆ってしまいます。中には、「学習者は大丈夫なのか」「もうやめた方がいい」と言う被験者もいたのですが、実験者が「そのまま続けて」という指示を出し続けると、ほとんどの被験者は最後で電圧を上げて電気ショックを与え続けたのでした。これは、アイヒマン実験と呼ばれるようになり、アイヒマンの「上官の命令がなければどんな残酷な行為もしていなかった」という証言を裏付ける、人間の負の一面を暴露したものとして多くの人に知られるようになったのでした。

日本ではあまり公開作のないマイケル・アルメレイダが脚本を書いて、メガホンを取った一品です。ミルグラム博士の半生を描いたという形になってはいます。彼と妻サシャ(ウィノナ・ライダー)との出会いですとか、アイヒマン実験以外の心理学実験も描かかれてはいるものの、物語はミルグラムのキャラクターに肉薄するのではなく、むしろミルグラムや他の心理学実験を描いてはいるものの、それらをアイヒマン実験の背景的な扱いにして、アイヒマン実験を中心に据えたドラマ作りになっているのが意外でした。この映画の言わんところは、アイヒマン実験というすごい事実があって、みんなそのことをよく知る必要があるよ、という啓蒙映画とでも言いましょうか、今だからこそ、このことを知っておく必要があるんだよというメッセージをこの映画から感じました。しょっちゅうミルグラムはカメラの方を向いて観客に語りかけてきて、その扱いは主人公というよりは狂言回し的扱いですし、主人公はアイヒマン実験そのものなのだという見せ方はなかなかユニークで面白いと思いました。

普通にミルグラムの伝記映画ならば、あっさりと流すであろうアイヒマン実験をその手順を丁寧にそして被験者のパターンをいくつも見せているところからして、この映画は、アイヒマン実験を知らない人に向けて、その内容を解説する意図があることは明らかです。たぶん、アイヒマン実験を知らなかった人でもこの映画を観たら、アイヒマン実験がどういう実験で、その結果が示すものが、人間は、与えられた役割に忠実に行動することで、自分の行動の責任も指示した人間に委ねてしまう傾向があるというもの。そう言われるとピンと来ないけど、「やめてくれぇー」という声が聞こえているのに、実験者の「続けて」という指示に逆らわずに電気ショックのスイッチを押し続ける人間の姿はかなりショッキングです。それが、特別な人間じゃなく普通の人がそうなるのだというところが余計目に怖くて、不愉快でもあります。

この実験が、そのやり方の倫理性を問う形で非難されるという展開になるのが面白いと思いました。実験そのものの不愉快な結果には目をつぶるにしても、人を騙して、残酷な行為をなさしめるのは、倫理的にどうなのというツッコミが入るのですよ。実験の結果ではなく、実験のやり方にケチをつけているわけです。実験では、最後にアンケートをとった後にタネ明かしをしてはいるのですが、それでも非難の対象になっちゃうのは、実験の趣旨を聞いても、その結果の不愉快さが残るところにあるのかもしれません。確かに、この実験の結果をアイヒマンと結び付けられたら、被験者は「オレってアイヒマンなの?」という気がして不愉快に感じることはあると思います。一方で、その結果について興味を持ち、追跡調査に応じてくれた被験者も少ないながらも登場するので、人それぞれの感じ方はあるのでしょうが、やっぱり人間の負の側面が、自分の行動で証明されるというのはうれしいものではないでしょう。さらに、それが、あの人でなしのアイヒマンを擁護しているのだとすれば、文句の一つも言いたくなるでしょうし。

映画は、アイヒマン実験の他にも、スモールワールド実験(知らない人への伝言が何人の人を経由すれば当人まで届くかという実験)などの実験も紹介され、彼が社会心理学の分野で様々な実験をして、面白い事実を発見しているのを見せてくれます。でも、その中でアイヒマン実験が突出していて、ミルグラムの人生にも大きな影響を及ぼしているという見せ方をしているのが面白いところです。映画の後半は、ハーバート大の助教授となったミルグラムがアイヒマン実験以外の実験にも精を出す様が描かれるのですが、さらにニューヨーク私立大学へ移り、アイヒマン実験に基づく「服従の心理」という本を出版して大きな話題となります。その実験の様はテレビドラマにもなるのですが、それは彼にとって満足のいくものではありませんでした。そして、オーウェルの小説「1984年」がベストセラーとなると、それの関連でアイヒマン実験が再び脚光を浴びるのですが、そんな中、心臓発作で彼は亡くなるのでした。

というわけで、映画は割とあっさりとミルグラム教授の人生を片付けてしまうのですが、その中でアイヒマン実験は彼について回るのが示されます。ある人は、その実験を非難し、ある人は追試を続けるべきだと言います。実際、彼はバリエーションを加えた追試を何度も行っていました。そして、その結果を本にまとめて一躍、時の人となるわけですが、それを素直に受け入れるのには抵抗があったことは察しがつきます。自分も環境が整えばアイヒマンにもナチスにもなっちゃうというのは認めたくないでしょう。私も認めたくはないですが、時代の空気の中の放り込まれて、肩書と役割を与えられたら、その役割を演じてしまうだろうなという気はします。それが正しいとか間違っているとか関係なく、自分の属する組織の方針、与えられた役割の行動を取ってしまうなって。その行動に良心の呵責を感じることがあっても、それは組織がやっていることであり、それは自分の職務だからということで、それ以上の葛藤を封じ込めてしまうだろうなあってのは、容易に想像がつきます。自分が強い信念を持って、悪事を働くとは思いにくいのですが、上からの命令で、不正を働く可能性はかなりあります。さらに、自分の所属する組織や役割を守るために率先して不正を働く可能性も否定できないのです。だからこそ、個人には選択肢があって、命の危険でもない限り、自分の意志で行動を選択できるということを肝に銘じておかなければいけないと、改めて感じさせてくれる映画でした。

ピーター・サースガードやウィノナ・ライダー、さらにゲスト的に登場するアンソニー・アンドリュース、ジョン・レグイサモ、アントン・イェルチンといった渋い面々で固められた映画ですが、それだけに、登場人物よりも、アイヒマン実験にスポットライトが当たる作りになっています。アイヒマン実験の結果が、為政者や大企業に利用され、一般の人々がとんでもない行動を取らされる可能性があるということを忘れないためにも、この映画が多くの人の目に触れることを期待します。
スポンサーサイト



「わたしはダニエル・ブレイク」はストレートなメッセージと細やかなドラマが渾然一体となって見応えあります。


今回は新作の「私はダニエル・ブレイク」をヒューマントラストシネマ有楽町1で観てきました。昔は穴場的スポットだったのですが、今はコンスタントに混雑してるのはいいことなのか悪いことなのか。

イギリスはニューキャッスル、妻を介護してみとったダニエル(デイヴ・ジョーンズ)は心臓発作を起こして医者から仕事を止められ、雇用支援手当を受けていたのですが、その審査であまりに事務的な係員に質問に腹を立てます。その上、審査の結果、就労は可能だから手当は停止という通知を受けます。それはおかしいと職業安定所へ苦情を言いに行くとお役所の段取りで電話が先に行く筈だから、それを待てとか言われちゃう。その窓口で引っ越してきたばかりで街に不慣れのせいで時間に遅れた母子に規則だからと慇懃無礼な係員に腹を立てたダニエルですが、母子ともども警備員に追い出されてしまいます。母子はロンドンのホームレスの宿泊所で2年暮らしたが、二人の子供にはその環境は限界があり、ニューキャッスルのアパートを紹介されたのです。母親のケイティ(ヘイリー・スクワイアーズ)は大学へ復学を願ってますが思うにまかせず、電気代も払えない状態。ダニエルは電気代をカンパし、子供の面倒を見てやったりもします。そんなダニエルに食事をふるまうケイティですが、彼女はちゃんとごはんを食べていないみたい。雇用支援手当の話が進まないダニエルは、求職者手当を申請することにするのですが、これが働けないダニエルでも週に何時間以上求職活動をしないと支給されない、さらに求職活動の証拠を出せとか言う無茶苦茶なもの。ダニエルは働けないと知ってて無意味な求職活動をすることになっちゃいます。一方金に困ったケイティはスーパーで万引きしてしまい、そこの警備員の口利きでデートクラブで体を売るようになってしまいます。規則を盾に、貧乏人を支援する手当を出し渋る政府の仕掛けに対して、ダニエルは何もできないのでしょうか。

「ルート・アイリッシュ」で戦争ビジネスを糾弾したり、「この自由な世界で」でグローバルの化け物へ切り込んだり、社会派だけど大上段に振りかぶらない庶民目線の映画を作る、ケン・ローチが80歳で、ポール・ラヴァティの脚本を監督しました。今回の題材は、貧しい人や困っている人をさらに追いつめていく行政システムです。心臓病を患って雇用支援手当を受けるようになったダニエル・ブレイクを主人公に、イギリスの福祉制度の歪をストレートに糾弾する映画になっています。ドラマの運びはコミカルな味わいもありながら、静かな展開で、ダニエルとケイティの境遇を描いていきます。その中から見えてくるのが、国の制度が貧しい人、働けなくなった人に対して大変冷たいということ。今の日本だと、こういう境遇を「自己責任」で片づけようとするいやな空気があるのですが、誰だって、好きで貧乏してるわけじゃないですし、病気になることだってあります。心臓発作を起こして医者に働くことを止められたダニエルは雇用支援手当をもらうために係員の質問を受けるのですが、その事務的な質問にうんざり、ちょっと逆らうような口の利き方をしたせいでしょうか。支給を止められてしまいます。その係員は、公務員ではなく、そういう業務を請け負った会社に雇われているようなのです。企業の人間なら、その企業の利益のための行動をとる(或いはとらざるを得ない)のは当然のことでして、そこに一般市民のための仕事をするとは思えません。職業安定所の職員はとにかくマニュアル化されたルールを盾にして困窮している人間を相手に、非情な対応を平然と行い、そのことに良心の呵責を感じている様子もありません。情を感じた行動をとれば、「特定の相手を特別扱いしないように」と上司に怒られてしまいます。全ての人間に、平等に冷酷に接するようにいう指示が出ているようです。それでも、彼らは自分のしていることが、ひどいことだとは思っていません。役所という後ろ盾と詳細なルールが、係員から人間としての感情を奪っているようなのです。さらに、彼らも仕事をしているわけで、変に目立つことをして職を失うわけにはいかないというところもあります。そして、前述のようにそういう仕事を自治体から切り離して企業へ移管することによって、「市民のため」である仕事が、「企業のため」の仕事になってしまう。そんなシステムから、生まれてくる福祉制度が、貧しい人々をこんなに苦しめるんだぞというのをこの映画は見せつけるのですよ。

ダニエルはパソコンもスマホを持っていないのですが、それがないと、福祉を受けられないということも描かれます。手当の申請書は職安の窓口に置いてなくて、HPからしかダウンロードできないのです。パソコンに馴染みのないダニエルは図書館のパソコンを使って、周囲の人間に聞きながら、申請手続きを取ろうとするのですが、なかなかうまくいきません。私は、パソコンを使って仕事していますし、パソコンでブログを書いているのですが、そんな私から見ても、これはいじめだよなあって思います。後半で、ダニエルは求職活動をしている証拠を出せと言われ、それは何かと聞かれると、求職している写真とか出せと言われちゃうのです。これって、スマホのカメラ前提の要求としか思えません。お金がなくて困っている人へのサービスを受けるのに、パソコンとプリンタとスマホがないと受けられないなんてのはひどい話だと思うのですが、イギリスはそうなっているようです。日本だって、新卒の就職活動でPCやスマホ(LINEを使うのもあるとか)が必須になってきてますから、これが生活保護へも敷衍していく可能性はないとは言えません。

2人の子供を抱えたケイティは「家の清掃します」の紙を家々のドアに挟んで仕事を探す日々ですが、なかなか思うように仕事は見つかりません。チケットを持っていくと無料で食料が入手できるフードバンクを利用するのですが、そこで空腹のあまり、手に取った缶詰を開けて中身をむさぼってしまいます。我にかえってそのみじめさに泣き崩れるケイティの姿は痛々しい限りです。そんな状況で万引きしたスーパーの警備員の口利きで体を売るようになってしまうケイティ。ダニエルはその場所を訪れて、やめるように説得しようとしますが、ケイティは「私を止めるのなら、もう会わないで」とダニエルを追い返します。

ケイティの姿を見て、何でそんな貧乏で子供二人も作ったのか、どうして家族へ頼らないのかというツッコミが出るかもしれませんが、それは他人事だから言えることで、当事者にとっては、過去は置いといて、今をどうしなければいけないのかが問題です。貧しいひと、困っている人を助けないことが当たり前になっている社会はおかしいということを、この映画はストレートに訴えてきています。この映画で、ダニエルの知り合いは、「困ったことがあれば言ってくれよ」」と声をかけてくれます。人の心はまだ温かいけど、政府や企業が冷酷なのだという見せ方は、なるほど昔は日本でも、「お役所仕事と」という言葉があったよなあってことを思い出しました。今のネットやメディアでは、生活保護の不正受給が前面に出てきていて、貧しい人がより貧しい人を非難するような構図が作られています。貧しい人のプライドを使って、福祉サービスを受けにくくする文化を作ろうとしているのが、今の日本の状況と言えましょう。この映画のダニエルも人のプライドを踏みにじる制度に耐えられなくなり、手当の求職者手当の受給申請をやめてしまうのです。



この先は結末に触れますのでご注意ください。



職業安定所を出たダニエルは、その壁にスプレーで「私はダニエル・ブレイク、雇用支援手当の不服申し立てにまた来るぞ」とでかでかと書き、通りかかった人々の拍手喝采を浴びますが、警察に逮捕されてしまいます。厳重注意で釈放されたダニエルですが、金は底を着き、家具を売り払って、一人で部屋に引きこもっていると、ケイティの娘デイジーが訪ねてきます。「帰ってくれ」というダニエルに、「ダニエルは私たちが困ってる時助けてくれた、だから今度は私たちが助けたい」というデイジー。ダニエルはケイティの助けを借りて、再審査要請の手続きを開始します。そして、面談のために、ケイティを伴って役所を訪ねるのですが、そこのトイレで心臓発作を起こして帰らぬ人となります。彼の葬式でケイティがスピーチをするところで、おしまい。

頭にきたダニエルが職業安定所の壁にスプレーでメッセージを書きなぐるシーンは、それまでのドラマの流れからは浮いた感じになっているのですが、それでも、ダニエルの怒り=監督の怒りを、ストレートに観客へ伝えたいという意図は感じられました。ラストでダニエルを知る人々が列席する葬式で、彼は孤独ではなく、多くの人から、その存在を知られていたということは、重要だなって思いました。ケイティへ見せた優しさは、他の人間にも向けられていたもので、だからこそ、彼の死は悼まれるのでしょう。自分なんか、死んだところで、葬儀へ来てくれる知り合いなんかいないよなあって思うと、彼のような生き方がうらやましいとも思えてしまうのでした。

政府の福祉制度をストレートに糾弾する映画なのですが、こういう映画が作られて、カンヌ映画祭でパルムドールを取ってしまうというのはすごいと思いました。日本でも同じような題材が作られてもいいような気がしますし、それが海外の映画祭で賞を取ったらいいなあって思います。でも、現在進行形の自国の恥を映画化できる人はいないのかなあ。「生活保護なめんな」ジャンパーの話なんか聞くと、きっと人間の心を蝕む根の深い問題があると思いつつ、その深いレベルまではネットではわからないので、こういう題材についての映画があったらいいなと思いますです。
プロフィール

einhorn2233

Author:einhorn2233
Yahooブログから引っ越してきました。静岡出身の横浜市民で映画とサントラのファンです。よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR