今昔映画館

4

「ストレイ・ドッグ」は、欲張った作りが成功しているかというと??ですが、ニコール・キッドマンがすごくて一見の価値かな。

今回は新作の「ストレイ・ドッグ」を東京のTOHOシネマズ日比谷シャンテ1で観てきました。ここは、TOHOシネマズの中では珍しく、映画の上映サイズに合わせて、スクリーンサイズをちゃんと変える映画館。こういう映画館が珍しくなっちゃったのが2020年の状況なのですよ、ホント。ロス警察の刑事エリン(ニコール・キッドマン)はヨレヨレの顔で殺人現場に赴きます。そこには身元不明の死体が一つ。他の刑事からは「帰って横になれ」...
4

「ラスト・ブラックマン・イン・サンフランシスコ」は文学青年になって小洒落た気分で観るのも一興。

今回は新作の「ラスト・ブラックマン・イン・サンフランシスコ」を川崎の109シネマズ川崎10で観てきました。最近やたら見かけるA24の映画ですが、あまり情報が出回ってないし、プログラムも作られていないという、かなり扱いの悪い映画。舞台はアメリカのサンフランシスコ。海が何かに汚染されているらしく防護服が男たちがゴミ拾いをしています。道を挟んでバスを待っている二人の黒人の若者、ジミー(ジミー・フェイルズ)とモン...
2

「フェアウェル」はホームドラマとカルチャーギャップをうまくまとめて中国の今が見える感じ。

今回は新作の「フェアウェル」を川崎のTOHOシネマズ川崎2で観てきました。シネコンの中では定番の作りになっています。iコロナのせいで、1席置きの運用だったのが解除されつつありますが、観る方にとっては1席置きが快適だということに気づくと、続けて欲しいと思ってしまいます。ニューヨークに父母と一緒に住む中国出身のビリー(オークワフィナ)はもう30.学芸員になるべく活動してきたのに不採用通知が来て落ち込んでいた時...
2

「ミッドウェイ」」は歴史絵巻か戦争アクションかどっちか振り切ればもっと面白くなったと思うのですが。

今回は新作の「ミッドウェイ」を川崎のチネチッタ12で観てきました。RGB4Kプロジェクターと低音用スピーカーを増設したLIVE SOUNDが売り物の映画館。大劇場の作りで戦争映画といった大作の映画はこういう映画館で観たいものですが、入りが悪いとすぐちっちゃいスクリーンへ移動しちゃうのがシネコンだからなあ。真珠湾攻撃で日本とアメリカは全面戦争に突入します。大打撃を受けたアメリカは、失いかけた士気を何とか鼓舞し、戦況...
6

「テネット」は時間逆行人間のところだけ面白い、後は何だかなあ。この監督と相性良くないみたいなのが残念。

今回は新作の「テネット」を川崎の川崎チネチッタ11で観てきました。大画面の劇場の作りではあるんですが、後ろ半分の座席がスタジアム状になっていまして、でっかいシネコンのスクリーンという感じの映画館。主人公(ジョン・デイビッド・ワシントン)は、ウクライナの劇場でのテロ攻撃に紛れてターゲットの人間を確保するというミッションでターゲットが偽物だとばれて拷問にかけられるところを自殺薬を飲みます。ところが彼は船...
My profile

Author : einhorn2233

Yahooブログから引っ越してきました。静岡出身の横浜市民で映画とサントラのファンです。よろしくお願いいたします。

プロフィール

einhorn2233

Author:einhorn2233
Yahooブログから引っ越してきました。静岡出身の横浜市民で映画とサントラのファンです。よろしくお願いいたします。

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR