FC2ブログ

「サスペリアPART2」はゴブリンのベスト


日本では「サスペリア」で有名になった監督ダリオ・アルジェントと音楽担当のゴブリンなんですが、そのコラボは前作の「サスペリアPART2」(邦題は続編だけど中身は「サスペリア」の前作)に始まっています。この映画では、もう一人、ジャズ系で有名なジョルジョ・ガズリーニが共同で音楽を担当しており、まず、ガズリーニ単独で音楽をつけていたところへゴブリンが後から参加したと言われています。

メイン・テーマの「Profondo Rosso」はキーボードによる不気味なアルペジオから高音域でメロディがかぶさって盛り上がっていくと、パイプオルガン風の音で大盛り上がりとなります。前半部分が大変印象的で映画の中でも殺人鬼を象徴するシーンで大変効果的に使われています。また、殺人シーンに流れる「Death Dies」というジャズ風のロックサウンドも大変見事で、速いテンポのベースにピアノとギターが大変複雑に絡み合う密度の濃い音になっています。この2曲が映画の中で大変インパクトがあるので、「サスペリアPART2」の音楽がゴブリンによるものであるという印象を与えるのですが、実際は全体の半分の音はジョルジョ・ガズリーニによるものでして、特に殺人シーンの前兆に流れる不気味な子守唄であるとか、静かなテーマ「Gianna」はガズリーニによるものです。日本で発売されたアルバムでは全曲ゴブリンによるものであるような見せ方になっていましたが実際はそうでもないというのが最近発売になった「Complete Edition」に各曲ごとの担当が明記されるようになりました。一見、ゴブリンの音にように思えた「Wild Session」「Deep Shadows」といった曲が実はガスリーニによるものだったというのが発見でした。どちらもプログレシブ・ロックの音になっていたので、ゴブリンのそれだと勝手に思い込んでいました。

映画としては、連続殺人モノをベースなんですが、ホラーっぽい仕掛けをあちこちに施してあり、アルジェントのそれまでの殺人鬼ものと「サスペリア」との橋渡し的内容になっているのですが、音楽は、「サスペリア」と比べて、サスペンス色の濃いものになっており、犯人の異常心理を描写するようなぶっ飛んだ音というよりは、異常な殺人シーンを的確に描写する音になっています。少しだけガスリーニによるオーケストラサウンドが入っていますが、これは回想シーンに流れるもので、ここだけが、ドラマも含めてノスタルジックな味わいになっています。

この後、ゴブリンは「サスペリア」「ゾンビ」へとだんだんぶっ飛んだ音に変わっていくのですが、この映画のサントラが音楽的には一番中身が濃くて聴き応えがあるように思います。

スポンサーサイト



コメント

No title

柴犬はち!!!
ついこの間紙ジャケで出た2枚組がそういう意味では一番良いかもです。1枚はオリジナル盤のみ。2枚目はボートラが1時間くらい入ってますので、。今はSHM-CDで出ているはずですよ。。。。。

No title

einhorn2233
デカパンさん、はじめまして。私はスペシャルエディションって存じ上げないのですが、曲の内容が違うのでしょうか。アルバムとして楽しむのであれば、7曲しかないオリジナルが一番聴きやすいですよね。ここで紹介したコンプリート盤は、子守唄を何度も聴かされたり、アルバムの構成はよくないのですが、どの曲がゴブリンでどの曲がガズリーニによるのかが、きちんと書いてあるので、資料的にはいいかもしれません。全部で70分以上ありますから、使われている音楽は網羅してあるように思えます。オリジナルはゴブリンのアルバムという色彩が濃いですが、こちらは映画のサントラ盤という違いでしょうか。

No title

デカパン
ワスもコンプリートかスペシャルエデションかどっつにしようかまようダス。まよいすぎて脳味噌が止まっちまうダスよ。な~んちってワスっておもしろいこというダスなーほえほえ~~のほえー。どっつがいいのかオセえて、オセえて、オセえてーーー

No title

einhorn2233
はちパパさん、コメント&TBありがとうございます。最近、サントラCDって、「スペシャルエディション」とか「コンプリート」とかいろいろあるからまよっちゃいます。私としてはコンプリート版より昔のLPの方が曲の順番とかも含めて気に入ってます。でも、コンプリート版とか出ると買っちゃうんですよ。

No title

柴犬はち!!!
私もコンプリート盤購入しました。またトラックバックさせてください。。。。

No title

einhorn2233
hiromtb2007さんのおっしゃるとおり、当時の恐怖映画の音楽って、このほかにも「エクソシスト」「オーメン」など聴き応えのある音が多かったですよね。最近の映画音楽にそれらに対抗できるものがないのが残念でもあります。

No title

hiro-mtb
「サスペリア」「サスペリア2」「ジョーズ」なんかは音楽が映画を支配している面もあり、音楽の存在感が凄かったですね!
非公開コメント

トラックバック