FC2ブログ

「サンチャゴに雨が降る」は美しく感動的なピアソラサウンド


1976年に日本公開された「サンチャゴに雨が降る」はチリのアジェンデ政権が軍事クーデターにより倒されるまでを描いたドラマです。詳細は30年以上前のことで曖昧なんですが、いわゆる人民政府が資本家層と対立し、軍部がクーデターを起こす内容で、講堂のような場所に集められた若者の中で、みんなを鼓舞する歌を歌いだした若者が制圧軍にボコボコにされるシーンが印象的でした。この映画の音楽を担当したのが、タンゴ界の巨匠アルトル・ピアソラです。映画公開時にサントラLPが発売されたのですが、その後CD化されていませんでした。

このCDは、「ヘンリー四世」「ローマに散る」とのカップリングなんですが、この映画の曲が6曲入っています。公開時のサントラLPが7曲だったので、このCDでほぼカバーできていると言えます。映画の中では、全曲が使われなくて、曲の部分部分が使われていたのですが、こうしてきちんと曲としてまとまったものを聴き直すと音楽としての素晴らしさを再認識できます。

テーマ曲である「サンチャゴに雨が降る」がバンドネオンによるシンプルな美しいメロディが盛り上がるとそれをバイオリンが引き継ぎバンドネオンがさらにかぶさっていきます。透明感のある音が盛り上がっていくところが圧巻です。また、シングル盤のB面に入っていた「ホルヘ・アディオス」はバンドネオンが泣きの音を聞かせてバイオリンのメロディラインと絡んでいくもので、これはピアソラのタンゴらしい音になっています。「サルバトール・アジェンデ」では静かなタッチで始まって、ドラマチックで感動的な音に盛り上がります。楽曲の中には、他のピアソラのアルバムで聞かれるものもあるんですが、全曲インストゥメンタルのこの「サンチャゴに雨が降る」は貴重な音かもしれません。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック