今昔映画館

2

「レンブラントは誰の手に」の様々な思いの交錯する面白さはありだけど、自分とは縁のない世界だと再認識。

レンブラントは誰の手に

今回は、新作の「レンブラントは誰の手に」を、横浜のシネマベティで観てきました。私は時々美術館へ行くこともありますが、絵を描いたこともないですし、芸術にもまったく疎い人間です。自分が好きだなと思う絵を観ていると楽しいくらいの美術ファンです。レンブラントと言われてもあまりピンと来なくて、昔、「レンブラントの夜警」なんて映画を観て、その時は興味持ちかけたのですが、それっきりになってました。

スコットランドのバックルー公爵のお屋敷には、レンブラントの「読書する女」があります。オランダのアムステルダム美術館はこの絵を何とかして飾りたいのですが、公爵はこれを売る気はなさそうで、自分と絵の中の女性の二人きりの空間を楽しんでいます。オランダの名家シックス家にもレンブラントの描いた肖像画が伝えられていますが、現在の主人ヤン・シックス10世はあまり美術品としての価値に興味はなく、むしろ代々の家宝として大事にしてきました。一方、息子のイケメン、ヤン・シックス11世は美術研究家で画商でもあり、父親とは違う視点を持っていて、画商としての野心も持っていました。オークションで安値で落とした絵画の中にレンブラント本人の筆致を見つけて、埋もれていたレンブラントの発掘者として、一躍時の人となります。いっぽうフランスのロスチャイルド家からは、レンブラントの1対の絵が売りに出されます。当主は、贈与税が高くてなんて言ってますが、2枚で対になっている絵につけた値段は200億円。これを是非、手に入れたいと動き出したのが、フランスのルーブル美術館とオランダのアムステルダム美術館ですが、その値段の高さで、手が出ない状況。ルーブル美術館はフランス政府も巻き込んで、1枚でもいいから手に入れようとし、アムステルダム美術館は何とか二枚を引き離さないで飾りたいと画策するのでした。一方、時の人になったヤン・シックス11世ですが、オークションで落札時に不正をしたということで訴えられて、一気にスキャンダルの人になっちゃいます。それでも、彼は、また眠っている名画を発掘しようとがんばるのでした。

「ようこそ、アムステルダム国立美術館へ」のウケ・ホーヘンダイク監督が、今度はレンブラントを題材にしたドキュメンタリーを作りました。「ようこそ、アムステルダム国立美術館へ」もタイトルの印象とは裏腹に中身は美術館の移転をめぐるドタバタで、何か違うという印象を持ってしまったのですが、この映画も、原題は「My Rembrandt」というもので、レンブラントの絵の取り合いのお話ではなくて、人それぞれのレンブラントのありようを描いたものです。邦題のセンスに恵まれてない気の毒な監督さんかも。

美術品の世界というのは、三流サラリーマンの私には想像できない世界です。動くお金も桁違いだし、1億円の違いというのをどう説明するのか見当がつかない世界。個人的には、古い家に代々伝わるお宝を発掘するのは楽しいことだと思うのですが、その値段よりも、代々伝えられてきた家宝として大事にしておきたいという方が、私には納得できるものがあります。この映画では、美術品の収集家が登場して、大金を出した絵画を多くの人の目に触れるべきだと美術館での鑑賞を許す人もいます。この映画に登場するバックルー公爵は、自分のお屋敷でレンブラントの「読書する女」を一人鑑賞するのを楽しみにしているようです。それは、それでいいことだと思うのですが、公の場所に置くべきと思う人もいるようです。この映画で、主役レベルで登場するヤン・シックス11世は、自宅の家宝にレンブラントがある一方で、自分で市井のレンブラントを発掘しようとしています。かなりの目利きのようでして、作家不明の絵の中にレンブラントの自画像を見つけて、上塗りされている部分を修復して、レンブラントの絵であることを証明しようとしています。修復には4年くらいかかるんですって。で、この修復を依頼されたプロの修復家の息子が画商だったことで、その息子に彼がレンブラントの目利きであることを知られて、それが巡り巡って訴えられるきっかけになったらしく、広いようで狭い世界に、ドロドロしたものが行き交っているみたいなんです。

そのドロドロは置いといても、貴族のボンボンでもある11世が、実家に代々伝わる名画がある一方で、そういう家系にコンプレックスがあるのか、シックス家から独立した人間として名を上げたいと思っているみたいなんです。そういう一旗揚げたい人にとっても、美術の世界ってのは魅力的なんだというのは発見でした。でも、レンブラントらしい絵をオークションで安く落札したと言っても、1700万円ですからね。日々の暮らしにあくせくしてる人ができることではありませんから、美術界で成りあがるために、まずその世界に身を投じようとしても、普通の人には難しいものがあります。それに、画商というのは、信用商売だそうで、一度しくじると、取り返すのが大変なんですって。この映画のように、オークションの不正で訴えられたりするのはかなりの痛手のよう。ただ、映画を観てても、彼がどこでどういう不正をしたのかがよくわからなかったので、それが世間一般でいう、詐欺的な行為なのかどうかも、私にはわかりませんでした。美術商の間での暗黙の仁義に反したから叩かれてるようにも見えましたから、そこは素人にもわかるように説明してほしかったところです。ともかく、何か、私のような凡人にはわからないルールや文化の世界らしいことは伝わってきましたから、素人がうかつにかかわるもんじゃないなということは勉強になりました。

単純に、絵そのものを見せる部分は、バックルー公爵の「読書する女」と、ヤン・シックス11世が発掘した「若い紳士の肖像」はかなりアップでたっぷりと見せてくれます。よく観ると、結構筆致が粗いのがわかるのですが、レンブラントって絵を描くの早かったという説明が入り、へーそうなんだと納得しちゃいました。でも、この映画は、レンブラントがどういう人で、どういう意図で絵を描いたかといったことは説明がなく、とにかく、そこにレンブラントの絵があって、周囲の人間が、その絵に対して、何を思うのかというところにフォーカスしています。絵そのものに興味がある人、絵よりも画家レンブラントを感じ取ろうとする人。モデルとなっている人に思いをはせる人、そして、その絵にまつわるお金の流れが気になる人。それぞれ人によって、事情や立場が異なるので、思うところは色々でして、その人間模様のおかしさが美術界の面白さなのかなという気もしてきます。そうは言っても、後半登場するロスチャイルド家の「マールテンとオ-ブイェ」が、売値200億円とか言われちゃうと、生臭いどころか、血生臭さまで感じられてしまって、芸術を楽しむという気分がだんだんしぼんでいくように思えたのは、私が貧乏くさいからなのかしら。何かねえ、17世紀に生きたレンブラントの全然あずかり知らない世界で、彼と縁もゆかりもない人々の間で、そんな大金が動いてるって構図がどうも好きになれなくて。徳川埋蔵金が200億円見つかったなら、おおすごいって素直に驚いて、うらやましく思うくらいなんですが、芸術鑑賞というちょっと高尚な趣味の裏で出所が怪しそうな金がうごめく世界って、何か騙されているような気がしちゃうのですよ。「いいワインの見分け方は、値段の高いのを選ぶことだ」というのは、素直に受け入れることができるんですけどねえ。あ、でも1本1億円のワインとか言われたら、やっぱり引いちゃうかな。

ロスチャイルド家の「マールテンとオ-ブイェ」を、ルーヴル美術館とアムステルダム美術館で取り合いになるくだりに結構時間が割かれてるんですが、200億円という言い値に、持ち金が足りない両者のせめぎあいは、まず美術館同士のメンツの戦いみたいになっていて、そこにフランス政府も1枚噛んできて、そっちのメンツを立てるために、ルーブルが後に引けなくなるといった、誰かのメンツを立てないと、自分のメンツが立たなくなるといった、オリンピックみたいな身動きとれない状況に陥ってしまいます。結局、妥協案として、共同購入という形に落ち着くのですが、きっと、どっちに先に何か月置くかといったところで、さらに水面下の綱引きがあったんだらろうなってところが伺えて、何かこう、脱力感を感じてしまいました。なんかもういいよって感じ。

で、結局、この映画の登場人物で、金の絡まない視点を持っていたのは、レンブラントの絵の持ち主であるバックルー公爵とヤン・シックス10世だけなんですよね。バックルー公爵は絵そのものに思いを馳せているし、ヤン・シックス10世は先祖代々の家宝を大事にしているだけなんです。その他にも、絵を鑑定する研究家とか、絵の修復家とかも登場するのですが、どうも彼らのバックには金の匂いが感じられてしまうのですよ。彼らが直接お金を動かすわけではないのですが、彼らの鑑定結果や修復結果次第で億単位のお金が動くわけですから、その利害関係とノータッチでいられるとは到底思えないわけです。私はお金を汚れたものだとは思ってませんし、投資対象としての美術品の売買も否定する気はないのですが、人間の心の中の芸術を愛する気持ちですとか、絵画から得られる充実感といったものが、値段の多寡の影響から逃れることができないように感じられて、ちょっと悲しくなりました。それが、1000円、2000円の違いなら、影響度は知れたものでしょうけど、100億円の違いに、純粋に自分の審美眼と自己満足だけで、絵を愛でることができるのかなあって思ってしまうのですよ。これは貧乏人の悲しい性なのかもしれません。生まれつき高貴で裕福なバックルー公爵みたいな人だと、その絵が数億円だと言われても、動ずることなく、絵と向き合う時間を純粋に楽しめるのではないかしら。それなら、ずっとそういう人の手の中にあった方が絵も幸せではないかと感じさせる映画でした。
スポンサーサイト



コメント

pu-koさん、コメントありがとうございます。す。

多分、美術に興味ある人にはかなり面白い映画だと思います。私も、美術館も絵も嫌いじゃないけど、200億円という金額と美術的な価値を、彼らは心の中でどう折り合いをつけてるんだろうってところがどうにも理解できなくて。まあ、画家のパトロンになれない貧乏人には関係ない世界なんでしょうね。でも、画家を養えばいいという世界と、国家予算レベルを扱う世界は別ものなのでしょうね。ともあれ、粋じゃない世界のお話でした。

No title

私もたまーに美術館に行っても、有名どころをとりあえず観て回ってよしって感じ。
レンブラントってそんな凄いお値段なんですね。
とにかく別世界(笑)
こういうのは美術品に興味があった方が楽しめそうかな。
非公開コメント
My profile

Author : einhorn2233

Yahooブログから引っ越してきました。静岡出身の横浜市民で映画とサントラのファンです。よろしくお願いいたします。

プロフィール

einhorn2233

Author:einhorn2233
Yahooブログから引っ越してきました。静岡出身の横浜市民で映画とサントラのファンです。よろしくお願いいたします。

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR