FC2ブログ

音楽も映画も傑作「スペース・バンパイア」


映画はゲテモノ扱いされているのですが、これは、SF、ホラー、サスペンス、スペクタクル、エロスと娯楽映画の要素をありったけ放り込んだエンタテイメントの傑作だと思っています。これ以降の映画でこれだけの勢いのある映画にお目にかかったことがありません。辛気臭い「スター・ウォーズ」サーガなんかよりこっちを断然押します

音楽のヘンリー・マンシーニは、音楽はいいけど映画には不満だったようですが、まず、アップテンポのボレロのリズムで押しまくるメインテーマが圧巻です。予告編でこの曲が流れたときはこれだけでもこの映画観に行かなきゃと思いましたもの。ロンドン交響楽団をフルに鳴らしたこの曲は、今発売されているDVDでは、映画の冒頭とエンドタイトルで2度流れるのですが、封切時の劇場公開版では、オープニングはすぐにドラマが始まり、宇宙船チャーチルのシーンにタイトルクレジットが出るというものでした。そして、ラストの大盛り上がりの後に、あのテーマが力技演出のとどめとして流れると、「お、おお」とそれに圧倒されてしまうという演出だったのです。たしかにエンドクレジットだけに使うにはもったいない名曲なんですが、それでもあえてオリジナルの演出を取ります。何だかワケわからないけど盛り上がったとどめにこそ初めてこの曲が流れるのがベストだと思います。

それ以外の曲もマンシーニのパワーは行き届いていて、特にクライマックスのロンドンのパニックシーンで、音楽がテンションを下げずに映像と突っ走るのは見事ととしか言い様がありません。強大なパワーに翻弄されるロンドンを描写する、うねるような華麗で重厚な音楽は、まさに血沸き肉踊る熱血サウンドになっています。そして、コーラスを交えた盛り上げ音楽で何となく納得させてしまうラストのパワーの素晴らしさ。一方、オープニングの宇宙船探索シーンでは、静かな、でもスケールの大きなオーケストラサウンドで、映画にある種の格調を与えることに成功しています。全体として全てが聴き所と言っても過言ではありません。

マイケル・ケイメンが追加音楽を書いていて、ナショナル・フィルが演奏していますが、これは効果音的なサポートで、よく言えばマンシーニのカラーを損なわない、縁の下の力持ちに徹した音になっています。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

ダムダム人さん、コメントありがとうございます。当時、そういうコマーシャルをやっていたとは知りませんでした。そんなにヒットしてたのかしら。生まれてこの方、この映画と比肩する映画を観たことありません。ホラー、SF、エロと全部揃えて、予算も大盤振る舞いというサービス精神たっぷりの一編でした。最近の大作もこの映画のパワーとスケールにはかなわないと思いますもの。

No title

この作品を見るたびに、清涼飲料の「メッツ」のCMを
思い出します。

この作品に登場するクリーチャーが口を開けて
「精気」を吸い取る場面が有りますが、
これをパクッたと思われるCMが公開当時流れていて
爆笑しました。
(人間だけでなく犬もwww)

76年周期(でしたっけ?)でまた地球に近づくとき
「スペースバンパイア2」が作られるのかしら?
プロフィール

einhorn2233

Author:einhorn2233
Yahooブログから引っ越してきました。静岡出身の横浜市民で映画とサントラのファンです。よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR