FC2ブログ

「フラガール」はコミュニケーションのある映画だから好き

今回は2006年に封切られた「フラガール」をシネマジャックで観てきました。昨年の映画でも2本立てでやってくれるのがありがたい映画館で、このスタイルを続けてくれると映画鑑賞量が豊富になるので是非頑張って欲しい映画館です。

昭和40年、石炭産業の斜陽化は、常磐炭鉱にも合理化、人員削減をもたらしました。そんな中で、温泉施設を使った常磐ハワイアンセンターで雇用確保を図ろうとする人たちがいました。ハワイアンダンサーも現地調達というわけで、志願者を募り、紀美子(蒼井優)たちが集まります。東京から元SKDのダンサーである平山まどか(松雪泰子)を招いて指導してもらうことになるのですが、生徒は4人しかいないし、まどかもやる気がありませんでした。しかし、紀美子や早苗の熱意がまどかを動かし、そしてダンサーも増えていきました。ハワイアンセンターのために全国行脚する彼女たち、そのために親の死に目に遭えない娘が出たため、まどかは講師の職を追われることになります。まどかの乗る汽車を見つけた生徒たちは、何とか彼女を引きとめようとするのですが...。

「スクラップヘブン」で好き放題やった李相日監督が今度は娯楽映画の王道ともいうべき涙と笑いの感動編を作り上げました。舞台は斜陽の炭鉱で、娯楽施設を作ることで雇用の確保を図ろうという人々、特にハワイアンダンサーにスポットをあてたもので、これまで炭鉱一本でやってきた人々から白い眼で見られ、特に肌をさらして踊りを踊るなんてとんでもないと思われながらも、頑張って、プロのダンサーへと成長していく女性たちを描いたドラマです。

最初にダンサーになろうと言い出す早苗(徳永えりがかわいい)とそれに引きずられる形で参加する紀美子、最初はぎくしゃくしていたまどかと生徒たちの関係も、生徒たちの前向きな本気がまどかを動かします。そして、生徒も増えてダンスの腕前も向上します。でも、問題は出てくるわけで、早苗は父親が整理解雇されて、北海道へと旅立っていきます。紀美子も母親からダンサーをすることを認めてもらえず勘当状態。そして、落盤事故によってダンサーの子の家族にも犠牲者が出てしまいます。また、まどかは借金を抱えているらしく怪しげな男が脅しにきたりして、それぞれに問題を抱えているのですが、何とかハワイアンセンターを成功させたいという気持ちがばらばらになりがちな皆の心をまとめていきます。

李監督の演出はエピソードを積み重ねて群像ドラマを作ろうとしているようで、誰が主役ということもなく、場面毎に主役がいるという構成が成功しています。特に、松雪泰子と蒼井優のソロのダンスは編集の妙もあって素晴らしく躍動感があって、そこだけ切り取っても見事です。また、豊川悦司が演じた紀美子の兄も紀美子やまどかを見る視線のやさしさが、その場面では主役たりえていました。そんな中で、終始脇役に徹した岸部一徳が儲け役ながら、大変味のある演技でハワイアンセンターの人間を代表していました。ハワイアンダンサーである女性陣が主役の物語でありますが、むしろ役者は男優陣の方が光っていたようにも思えるくらい、皆好演しています。炭鉱にこだわりたいけど、でも現実は石炭は先が見えている、そんな思いをきちんと描いているところがドラマに奥行きを与えています。

クライマックスはセンターを去ろうとするまどかを生徒たちが引きとめようとするシーンです。北海道に去る早苗との別れのシーンでベタな演出をしていたのですが、今回はさらにフラダンスでまどかを引き止めるというハッタリ演出をかまして、それが見事に着地していたのが驚きでした。見ていてホロリとなるシーンなんですが、蒼井優の健気さを前面に出した演技がうまくはまって名シーンとなりました。

「スクラップヘブン」では、登場人物がコミュニケーションを取らないいわゆる一人言というか、卒業式の呼びかけみたいな構成が私には今イチだったのですが、「フラガール」では登場人物が誰かにつながっていて、常にコミュニケーションがあるところがまず好感が持てました。クライマックスで踊りに見せる以上の意味、思いを込めたあたりは見事だと思いました。その正攻法の演出でドラマをきちんと作る力のある人のようなので、今後の作品が楽しみになりました。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

にげらさん、コメント&TBありがとうございます。文字通り笑いあり涙ありの楽しい娯楽作品でした。松雪泰子を中心にした群像ドラマになってるので、色々なキャラクターがきらきら光っていました。

No title

色々なブロガーさんのレビュー見てずっと見たかったんですけど、やっと観賞できました。ほんとこれは、一人一人の思いや夢がじんじん伝わってきました。みんな熱かったですね!
TBありがとうございます。お返ししますね~~。

No title

pu-koさん、コメント&TBありがとうございます。男性陣のがんばりはホロリとさせるものがありました。でも、蒼井優ちゃんのかわいさが一番でございました。結局そっちかよ、って言われそうですが、やはりそっちの方が....ということで。

No title

記事を読ませていただいて改めて作品の良さを思い返し、感動も甦りました。ウルウルですw
なるほど、男性陣の演技は地味でしたが、この物語の裏の鍵である村人の炭坑産業への想い、将来への希望を表現する大事な役割を担い、見事に演じきっていたとも言えますね。
気持ちのいい邦画に出会えて大満足でした。TBさせてください。
プロフィール

einhorn2233

Author:einhorn2233
Yahooブログから引っ越してきました。静岡出身の横浜市民で映画とサントラのファンです。よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR