FC2ブログ

「エンロン 巨大企業はいかにして崩壊したのか?」の儲け文化にウンザリ

今回はキネカ大森2で「エンロン 巨大企業はいかにして崩壊したのか?」を観てきました。ここは、キネカ大森で2番目に大きなスクリーンとはいえ69席という小劇場で、でもスクリーンサイズは結構あって映画観るにはいい劇場です。

アメリカの優良企業と呼ばれたエンロンですが、その内実は不正に利益を操作して、経営陣だけが大きな富をつかむ仕掛けでした。エネルギー産業の規制緩和をもとにさらに儲けを広げようとしていたのですが、疑惑報道から株価が大暴落、一月半後にエンロンは倒産し、それまでの幹部たちのやってきたことが白日のもとにさらされることになるのです。

遠いアメリカの1企業であるエンロンが倒産したからといっても、こちらには「ふーん」というレベルのものでしたが、それがアメリカを揺るがす大事件だったというのはこの映画の存在で知りました。エネルギー供給会社であったエンロンが商社としてエネルギーを売買する会社になったあたりから、この会社は様子がおかしくなったようです。

この映画はエンロンの企業としての全貌を詳細に説明してはくれないので、一体、この企業がどこから始まって、どこからおかしくなったのかわかりにくいところが多かったです。監督のアレックス・ギブニーは、作家や内部告発者の証言と、証人喚問などの映像をつないで、なぜエンロンが崩壊するに至ったかを見せようとしているのですが、予備知識のない人間には、一体誰がどう悪さをしたのかが理解できなくて、結論のみが印象に残ってしまいました。

その結論とは、エンロンは儲けを追求するという単純な理論にあまりにも忠実であり、そのためにやった小さな不正が、破綻したとき、さらにちょっと大きな不正に手を染め、それを繰り返すうちに取り返しがつかないところにまで行ってしまったというのです。

でも、素人目にもおかしな仕掛けがあるなあと思うのは、時価会計というもの。これは、会社の資産価値を未来の取引も勘案した形で計上しようというもので、10年先の発電事業まで、資産として計上していたというのです。でも、これが程度の問題で、2,3年先の金融取引には適用するのは妥当だとされているのだそうです。もし、そうなら、それを10年先のエネルギー取引にまで拡大することは、それほど大きな悪意や犯意を必要とはしないでしょう。そして、海外に作った発電所は、その作った電力の買い手がなくて破綻してしまうのでした。

その赤字を補填しようとして、エンロンは恐ろしいことをやってのけたとこの映画では言ってます。カリフォリニア州で計画停電をやって電力価格を操作したというのです。日本では基本的に電力は安定供給されるもの、供給能力を需要が上回らない限りは電力が供給されないなんてあり得ないことです。しかし、カリフォルニア州では規制緩和で電力も自由化されていて、供給を細くすることで、電力価格を吊り上げることができるというのです。さらに、電力の自由化は、発電所を作るリスクを大きくしたため、需要の拡大に供給が追いつかないという弊害も生じ、電気代は上がる、停電は起こるという電力危機をもたらしたのですが、その裏で電力市場で大儲けをしていた人間がいたというのです。

こういうトレーダーには、プライドも倫理観もありませんから、停電で困ってる人を笑い飛ばしているような連中です。エンロンのトップだけが腐っているわけではないのです。儲けのためなら、やっていいことはあっても、やって悪いことはないという倫理観がはびこる空間があって、そこに一般人は入り込むことはできないのです。自由化とか、規制緩和ということの負の意味を知ったことができただけでもこの映画を観た価値がありました。

また、エンロンはブッシュ親子にも大量の献金をしており、カリフォルニア州が電力供給のための規制をしてくれという依頼を自由経済を盾に断っています。その結果、州知事はリコールされ、アーノルド・シュワルツネッガーが後任の知事に当選するのですが、その前に、エンロンのCEOとシュワルツネッガーが密会をしていたという事実もあるのです。何も信用できなくなるような話ですが、偉い人間が金儲けを無自覚にやっていれば、どこかでボロが出るということなのかもしれません。ライブドアのホリエモンが「金儲けしてどこが悪い」と言い切った後のことを思えば、奢れるものは久しからずなのでしょう、というか、そう思いたいです。

それにしても、マネートレードの世界は我々一般市民を大なり小なり食い物にして、金を儲けているのだと再認識しました。そして、自由化は、倫理の歯止めをはずしてしまうことになるんだということもわかりました。自由が悪だというのわけではないのですが、自由化は、悪に自由を与えてしまうこともあるのだということは覚えておく必要があると思った次第です。エンロン事件はよその国の話ですが、その精神構造は日本にだってある、損失補填のために不正経理なんて絶対やってる連中はいると思います。ただ、計画停電を起こして電力価格の利ざやで稼ごうなんて連中はまだ登場してはいないようです。ここで、日本の「恥の文化」に期待するしかないですが、やっぱり濡れ手に粟の金儲けなんてあり得ない、あったとしたら後ろめたい、そんな文化であって欲しいと思います。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

einhorn2233

Author:einhorn2233
Yahooブログから引っ越してきました。静岡出身の横浜市民で映画とサントラのファンです。よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR